海外ブランド 701【受発注品】 Abendrot/Everest-その他


【製品概要】


■2U ラックに納められたアベンドートマスタークロック
■True Audio Master Clock技術による事実上ジッターフリーのマスタークロック信号
■ハードウェアロジック設計による6系統の高精度なワードクロック出力
■外部多機能マスタークロックのための1系統の10Mリファレンス出力

The Inviolable Trinity of Digital Audio
アナログのアウトボードや、これらのデジタルエミュレーションによる“歪み”は、地を這うようなローエンド、輝くようなトップエンドを演出するために音楽制作に無くてはならない要素です。しかし、デジタルオーディオを扱うスタジオにおいて、決して歪んではいけないエレメントが3つ存在します。それは、モニターシステム、パワーサプライ、そしてマスタークロックです。Everest 701 - True Audio Master Clockは、歪んではいけない要素の第3、次世代デファクトスタンダードとなる完璧なオーディオリファレンスクロックを提示します。

Bringing an End to the ”Analog/Digital War”
Everest 701 - True Audio Master Clockは、デジタルオーディオプロダクションを限界領域に引き上げます。近年、マスタークロックが、AD/DA変換に少なくない影響を与えることはよく知られており、高性能なオシレーター、ジッターリダクション技術、積極的な歪みの付加による色づけによって聴感上のサウンドの向上が取り組まれてきました。しかし、それらの全ては問題の本質から外れた場当たり的な手段を提示するに止まり、アナログを超えるフォーマットとして登場したデジタルオーディオの理想を実現するものではありませんでした。Everest 701 - True Audio Master Clockは、この不完全なクロック技術から引き起こされる情報損失問題に起因する30年以上に渡るアナログvsデジタル論争を終結させ、デジタルオーディオに新しい時代をもたらすパイオニアです。

The Final Master Clock for Digital Audio
アベンドート独自の一貫したTrue Audio Master Clock技術によって、AD/DA変換に完璧な時間軸を供給し、デジタルオーディオにアナログオーディオと同等のADSR、位相表現、透明なサウンドフィールドをもたらします。デジタルオーディオ理論に示される時間軸とアンプリチュード軸からなるサイン派のダイアグラムを実現するためには、アンプリチュード軸だけでなく、実際に流れた時間と同期する絶対的な時間軸が必要となります。テープのリール、バイナル盤の回転に代表されるアナログのタイミングのムラは、“アナログ的な暖かみ”と表現される心地よいモジュレーションを発生させるだけですが、デジタルのタイミングのムラはすべて 情報の損失と位相の乱れを引き起こします。一度損失された情報は、いかなるジッターリダクション技術を用意いても帰ってくることはありません。Everest 701 - True Audio Master Clockは、現実の時間と同等の時間軸を供給し、情報損失の無いAD/DAを実現する世界で唯一のオーディオマスタークロックです。

Master Clock for Audio Professional
Everest 701 - True Audio Master Clockは、デジタルオーディオのAD/DAに完璧な動作を約束する次世代スタジオマスタークロックの頂点です。いままで知ることさえもできなかった、クロックのタイミングのズレが及ぼすデジタルオーディオ特有の情報損失と位相の乱れを完全に克服します。最上級の品質と信頼性を求められる21世紀のオーディオプロフェッショナルに欠かすことのできない基礎設備です。

True Audio Master Clock
Everest 701- True Audio Master Clockは、理想のオーディオマスタークロックを実現する為に、各分野の専門家達の献身が織り成した技術の集大成です。高精度ユニット特有の不自然なエンハンスと固有のディストーションを引き起こすことなく、デジタルオーディオに求められる完璧な時間軸を供給します。異なる分野である高度なクロック技術とアナログ/デジタルオーディオ技術にそれぞれの熟練専門技術者が携わり、最良の結果をもたらす為の精到な設計が施されています。

Word Clock Distributer
Everest 701- True Audio Master Clockのハイライトのひとつである、新設計された6系統の高精度Word Clock Distributerは、アベンドート独自の周波数ドライバーとPLLサーキットによるハイブリッドで構成され、理論と実装問題の解決策として採用されました。高精度信号を著しく劣化させるCPUを使わないハードウェアロジック設計が、ジェネレータの透明度を劣化させることなく任意のサンプリングレートをワードクロック信号に変換出力します。

Chassis
Everest 701- True Audio Master Clockは、ノイズ干渉、磁気干渉、熱設計などを考慮した独自のレイヤー設計が施されたマスタージェネレータとWord Clock Distributerを2Uラックサイズに収めながらも、アベンドートマスタークロック品質と長期安定動作の条件をクリアしています。

10M Reference Output and W/C Distr. Deactive Switch
Reference 10M output とW/C Distr. Deactive switchは、ブロードキャスト/ポストプロダクションに求められるビデオ/オーディオのシンクロナイザー機能を持つ10M入力対応のマスタークロックディストリビューターへアベンドートからのリファレンス信号を供給する為に搭載されました。W/C Dist.ディアクティブスイッチを適用することでEverest 701 は、純粋な10Mジェネレータとして動作します。

■2Uラックサイズに収められたアベンドートオーディオマスタークロック
■高周波に関わる干渉、寄生要素、位相等を考慮した独自の実装
■事実上ゼロジッターを実現するノイズ干渉、熱設計、磁気干渉が考慮された独自のレイヤー設計技術
■最高峰のルビジウムマスタークロックユニットを採用
■6系統の高精度ワードクロックディストリビュータ出力
■44.1、48、88.2、96、176.4、192 Hz のサンプリングレートに対応
■外部マスタークロック機器に供給可能な1系統の10MHz出力
■ワードクロックディストリビュータからの干渉を防ぐ10MHz出力用ディアクティブスイッチ
■堅牢な15mmアルミニウム削り出しフロントパネル
■高精度製造を約束するHANDCRAFTED IN JAPAN